鉄鋼のなかの炭素、窒素

鉄鋼と聞くと少し古いイメージをもつでしょうか?

身の回りの材料では、最もよく使われている材料です。

一口に鉄鋼と言ってもいろいろありますが、

それぞれの性質は、鉄以外の元素の量や種類が決めています。

この添加元素には、地球上に希少にしか存在しないレアメタルが含まれています。

添加量はとても少ないのですが、鉄鋼材料は非常に広範囲に使われる材料であるため、トータルでは大変な量になります。

このレアメタルを別の豊富に存在する元素で置き換えることができないでしょうか。

その候補として、炭素、窒素という軽元素が注目されています。

私たちはこの軽元素が、鉄鋼材料中でどのような挙動をとるか、詳しく調べています。

鉄鋼材料の新しい強化機構を見つけたいと考えています。