研究の紹介

主な研究内容

『生物由来の機能材料・機能性分子を生かした工学分野』として、

 1.生物機能分子とナノ材料の融合による新規機能性材料の開発とそのセンサへの応用

 2.生物機能分子のバイオプロセスへの応用

を軸に研究活動を推進しております。


 

生物機能分子のバイオプロセスへの応用

 1.乾燥ストレス耐性ペプチド

   ~乾燥ストレス耐性ペプチドの共発現によるタンパク質高効率発現技術の開発~

            

       

 

 植物や昆虫の非常に特殊な機能をもつ生体分子(タンパク質・ペプチド)を工学へ応用した研究です。非常に親水性が高く、乾燥ストレス時に生体を保護する機能を有するタンパク質に着目し、このタンパク質ベースに独自に設計したペプチドを細胞内で共発現することで高効率に目的のタンパク質を発現させる技術の開発を推進しています。本技術は大腸菌等を用いたタンパク質発現系おけるバイオプロセスの高効率化が期待できます。

 

Copyright (C) ikeno-lab. All Rights Reserved.