Books, Review:本、総説

Books

  1. 1."Biodegradation of Polydioxanone"  Haruo Nishida, in "Biopolymer, 9, Kap. 25, A. Steinbüchel Ed., Wiley-VCH, Weinheim, pp. 523-537 (2003).
  2. 2."耐熱性高分子材料のリサイクル技術について教えてください。"
    西田治男, -Q&A-エレクトロニクスと高分子(五訂版),(財)化学技術戦略推進機構, pp. 308-311 (2004).
  3. 3. "第11章 平衡重合を利用したリサイクル材料の設計 2.ラクチド"
    西田治男, 反応性高分子の新展開 Advanced Technology of Reactive Polymers, シーエムシー出版, pp. 206-218 (2005).
  4. 4. "II 基礎技術編 第3章 ケミカルリサイクル"
    西田治男, 最新プラスチックリサイクル総合技術, シーエムシー出版, pp. 94-107 (2005).
  5. 5. "ポリ乳酸製品のケミカルリサイクルによる循環社会の構築"
    白井義人, 西田治男, プラスチック化学再生資源化技術, シーエムシー出版, pp. 297-304 (2005).
  6. 6. "7.4 高分子の分解とリサイクル"
    西田治男, 基礎高分子化学, 東京化学同人, pp. 393-397 (2006).
  7. 7. "既存プラスチックのモノマー還元型リサイクル"
    西田治男, エコマテリアルハンドブック, 丸善, pp. 194-198 (2006).
  8. 8."第7章 植物由来プラスチックのケミカルリサイクル"
    西田治男, 植物由来プラスチックの高機能化とリサイクル技術, サイエンス&テクノロジー(株), pp. 51-60 (2007).
  9. 9."第8章 植物由来プラスチックのケミカルリサイクル事業について"
    西田治男, 白井義人, 植物由来プラスチックの高機能化とリサイクル技術, サイエンス&テクノロジー(株), pp. 61-67 (2007).
  10. 10."第4編 バイオプラスチックの再資源化技術 第2章 リサイクル技術事例 第1節 ポリ乳酸の循環利用について"
    西田治男, 白井義人, バイオマスプラスチックの高機能化・再資源化技術, 株式会社エヌ・ティー・エス, pp. 221-246 (2008).
  1. 11."第5章バイオマスプラスチックの環境特性 5-2.バイオマスプラスチックのリサイクル"
    西田治男, バイオプラスチック材料のすべて, 日刊工業新聞社, pp. 179-193 (2008).
  2. 12."第4章 ポリ乳酸ケミカルリサイクル"
    西田治男, 白井義人, ホワイトバイオテクノロジー:エネルギー、材料の最前線, シーエムシー出版, pp. 67-78 (2008).
  3. 13."第5章 プラスチックリサイクルの新技術 5.1 資源循環型プラスチック"
    西田治男, 白井義人、プラスチックリサイクル入門 システム・技術・評価, 廃棄物資源循環学会, pp. 155-162 (2009).
  4. 14."第1章 資源循環の化学へ"
    "第3-2章 環化解重合"
    "第4-1章 直接ランダム分解"
    "第5-1章 解重合のコンピュータシミュレーション解析"
    "第6-2章 再生可能資源由来ケミカルリサイクル性高分子"
    西田治男, プラスチックの資源循環のための化学と技術, 高分子学会グリーンケミストリー研究会編,
    pp. 1-4、73-78、79-86、95-109、130-139 (2010).
  5. 15."Part IV. Chapter 23: Thermal degradation"
    Haruo Nishida, in "Poly(lactic acid): Synthesis, Structures, Properties, Processing, and Applications",
    Edited by Rafael Auras, Loong-Tak Lim, Susan E. M. Selke, and Hideto Tsuji, John Wiley & Sons, Inc.,
    Hoboken, New jersey, pp. 401-412 (2010).
  6. 16."Chapter 19: Precise Depolymerization of Poly(3-hydroxybutyrate) by Pyrolysis"
    Haruo Nishida,* Hidayah Ariffin, Yoshihito Shirai, Mohd Ali Hassan, in "Biopolymers",
    Edited by Magdy M. Elnashar, Sciyo, Rijeka, Croatia, pp. 369-386 (2010).
  7. 17."Chapter 4: Gas-Phase-Assisted Surface Polymerization and Thereby preparation of Polymer Nanocomposites"
    Haruo Nishida, Yoshito Andou, Takeshi Endo, in "In Situ Synthesis of Polymer Nanocomposites",
    Edited by Vikas Mittal, Wiley-VCH, Germany, pp. 89-104 (2011).
  8. 18."第5章 ポリマーアロイからのポリ乳酸の資源循環"
    西田治男、附木貴行、白井義人、植物由来ポリマー・複合材料の開発、サイエンス&テクノロジー、
    pp. 293-305 (2011.12.22).
  9. 19."エコフィッティングな溶剤フリー重合プロセス:機能を持ったミクロ表面を創る"
    西田治男、安藤義人、エコノミー&エコロジー from エコフィッティング 九工大世界トップ技術 Vol. 3、西日本新聞社、
    pp. 142-153 (2012.3.5).
  10. 20."第5章 ポリマーのリサイクル技術"
    西田治男, 高分子の架橋と分解III, シーエムシー出版, pp. 103-112 (2012.3.21).
  1. 21."ポリ乳酸製品のケミカルリサイクルによる循環社会の構築"
    白井義人, 西田治男, プラスチック再生資源化の基礎と応用 Base and Application of Plastic Recycling,
    シーエムシー出版, pp. 287-294 (2012).
  2. 22."第9章 バイオマス活用系"
    西田治男, バイオプラスチック技術の最新動向, 大島一史監修, シーエムシー出版, pp. 134-141 (2014.9.5).

総説、解説、翻訳、海外ニュース等

  1. 1."目で見るバイオ 微生物がプラスチックを食べる"
    西田治男, バイオサイエンスとインダストリー, 53[10], 7-8 (1995).
  2. 2."新たなケミカルリサイクル性ポリマーの展開"
    遠藤 剛、西田治男、工業材料, 49[4], 32-35 (2001).
  3. 3."2種の機能性ポリマーコロイド分散水溶液からなる室温自己硬化型ラテックスとその熱可塑性華僑フィルム"
    [J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 39, 389 (2001)]
    プラスチックリサイクル研究会 西田治男、高分子、海外ニュース, 50, 462 (2001).
  4. 4."共焦点レーザー顕微鏡による吸収性繊維のin vitro加水分解おける非破壊的pHプロファイル作成"
    [J. Mater. Sci., Mater. Med., 12, 241 (2001)]
    プラスチックリサイクル研究会 西田治男、高分子、海外ニュース, 51, 92 (2002).
  5. 5."特集:いよいよ本格化!生分解性プラスチックの材料革命 ポリ乳酸のケミカルリサイクルと循環社会システム"
    白井義人、樊 渝江、西田治男、工業材料、51[3], 27-29 (2003).
  6. 6."ATRPによって合成される精密制御共重合体からの新規なナノ構造材料"
    Tomasz Kowalewski and Krzysztof Matyjaszewski(翻訳 遠藤 剛、西田治男)、未来材料、3[1], 12-22 (2003).
  7. 7."バイオマテリアル技術の現状と将来展望 –医療用ポリマーの表面適合性へのアプローチ"
    Hartwig Höcker and Doris Klee(翻訳 遠藤 剛、西田治男)、未来材料、3[5], 6-12 (2003).
  8. 8."循環型材料-環状エステル化合物の開環重合と解重合挙動"
    西田治男、遠藤 剛、未来材料、3[6], 38-45 (2003).
  9. 9."小特集 バイオ技術を基盤としたポリマー製造技術 食品ゴミからポリ乳酸の製造とケミカルリサイクルについて"
    白井義人、樊 渝江、西田治男、PETROTECH, 26[8], 621-627 (2003).
  10. 10."総説: ケミカルリサイクルの現状と課題―フィードストックリサイクルを中心に―"
    西田治男、プラスチックスエージ、50[臨時増刊号], 79-87 (2004).
  1. 11."表面開始気相沈殿重合法による表面グラフトポリ(α-アミノ酸)の合成とコンホメーション変化"
    [Adv. Mater., 15, 290 (2003); Macromolecules, 36, 6503 (2003)]
    グリーンケミストリー研究会 西田治男、高分子、海外ニュース, 53, 168 (2004).
  2. 12."特集:リサイクルテクノロジーの進展  生分解性ポリマーのリサイクル"
    西田治男、ケミカルエンジニヤリング、49[10], 17-21 (2004).
  3. 13."環境を支える高分子技術"
    西田治男, 高分子, 素描(特集 環境を支える高分子技術), 54, 113 (2005).
  4. 14."特集2:進むプラスチックリサイクル技術 ケミカルリサイクルの現状と課題"
    西田治男、化学装置、47[10], 70-75 (2005).
  5. 15."グリーンプラ最前線:ポリ乳酸カップの利用・回収とケミカルリサイクル社会実験"
    白井義人、西田治男、グリーンプラジャーナル、No.21, 5-11 (2006).
  6. 16."循環型社会の構築に貢献するプラスチックリサイクル/バイオプラスチック"
    西田治男、プラスチックス、57[11], 15-20 (2006).
  7. 17. "ポリ乳酸の化学リサイクルと地域社会での実証"
    白井義人、西田治男、日仏工業技術、53[1], 42-45 (2007).
  8. 18."熱分解によるポリ乳酸のモノマーへの選択的変換"
    西田治男、遠藤 剛、未来材料、7[8], 42-49 (2007).
  9. 19. "ポリ乳酸のケミカルリサイクルにおける技術的課題とその解決に向けての取り組み"
    西田治男、バイオプラジャーナル、No.27, 16-23 (2007).
  10. 20."特集:高分子のケミカルリサイクル 熱分解によるポリ-L-乳酸の選択的解重合"
    白井義人、西田治男、高分子、57[5], 358-361 (2008).
  1. 21."ポリ乳酸の循環利用-熱分解の精密制御による高度な資源循環の実用化をめざして"
    西田治男、環境浄化技術, 7[5], 49-54 (2008).
  2. 22. "ポリ乳酸の分解特性とケミカルリサイクル"
    西田治男、生物工学会誌, 86[7], 349-351 (2008).
  3. 23. "ポリ乳酸ケミカルリサイクル技術研究開発"
    西田治男、白井義人、沼尻健次、バイオマス生活創造構想事業に係る技術開発、農林水産省農林水産技術会議事務局編集,
    研究成果, 478, 92-113 (2009).
  4. 24. "解説 XII. 環境にやさしい高分子材料の設計 (3)ポリ乳酸の解重合"
    西田治男、日本接着学会誌, 45[6], 242-247 (2009).
  5. 25."ポリ乳酸を利用したリサイクルとその展開"
    西田治男、附木貴行、永田浩一、田中智子、白井義人、プラスチックスエージ、55[7], 95-103 (2009).
  6. 26."バイオマスプラスチックの成分選択的な資源循環技術"
    西田治男、附木貴行、安田信彦、橋本憲明、白井義人、ケミカルエンジニヤリング、55[2], 125-131 (2010).
  7. 27."九州工業大学エコタウン実証研究センターの取り組み -バイオマス由来プラスチックによる資源循環システムの構築をめざして-"
    西田治男、安藤義人、白井義人、プラスチックス, 2011[3], 24-28 (2011).
  8. 28."Development of materials and technologies for control of polymer recycling"
    Haruo Nishida,* Polymer Journal, 43, 435-447 (2011). DOI:10.1038/pj.2011.16
  9. 29."特集資源循環システムの新展開 資源循環型バイオベースプラスチック"
    西田治男、ケミカルエンジニヤリング、57[4], 291-297 (2012).
  10. 30."特集エコマテリアルの新潮流 環境分解性ポリマーの機能を活かした応用展開"
    西田治男、附木貴行、白井義人、ケミカルエンジニヤリング、58[8], 584-590 (2013).
  1. 31. "基調講演要旨: 竹から工業用素材への返還とその利用展開"
    西田治男、"第54回 全国竹の大会福岡県八女大会 要旨集,(2013)..
  2. 32."常圧過熱水蒸気による繊維強化プラスチックの分解
    Degradation of Fiber Reinforced Plastics with Superheated Steam at Atmospheric Pressure"
    西田治男*, 毛利宣子, 大島一史, 山本正, 強化プラスチックス, 60[1], 13-20 (2014).
  3. 33."特集バイオマス循環利用の構築 バイオマスプラスチックの成分選択的な資源循環技術"
    西田治男、ケミカルエンジニヤリング、59[7], 491-498 (2014).