金属材料への骨組織親和性の付与
 金属材料は強く折れにくいので、人工関節や人工歯根などとして医療現場で実用化されています。金属材料が骨と直接結合する性質(生体活性)を示せば、生 体内でより長く安定に使えるようになります。私たちの研究室では,表面を化学処理してナノ構造を制御することで、さまざまな金属材料に生体活性を付与する 研究を進めています。

骨組織との親和性を向上させたチタン金属.

表面処理したタンタル金属が骨と結合している様子(レントゲン写真).


最近,アルカリ加熱処理チタンの生体活性が,チタン材の熱処理や加工方法によって大きく変わることを新たに見出しました。


参考文献

戻る