学生の修士論文テーマ

2015年度修了
炭酸カルシウム形成における有機添加物の影響(梶山)
カルボキシル基配列の異なる高分子ゲルのアパタイト形成(近藤)
リン酸カルシウム球状粒子の作製および薬剤モデルの放出挙動(斎藤)
表面処理を施したHfおよびTi-Hf系2元合金の生体活性(末岡)
機械的強度改善を目指した多孔質有機-無機複合体へのHAp修飾(高岡)
ディスペンサを用いたがん治療用セラミック微小球の作製と粒径制御(藤上)

2014年度修了
純鉄微粒子と高分子からなるガン温熱治療用微小球の作製(岡村)
リン酸水溶液中における多孔質有機-無機複合体のアパタイト形成能(佐取)
DDS機能を有する炭酸カルシウム球状粒子の作製と薬剤モデル物質の放出挙動評価(名越)
擬似体液環境下におけるリン酸基含有ポリマーの化学的耐久性およびアパタイト形成能の向上(濱井)
多孔質炭酸アパタイトの前駆体となる炭酸カルシウム球状微粒子の作製(姫野)
表面処理によるPEEKへのアパタイト形成能の付与(松波)

2013年度修了
チタンの結晶組織と加工方法が擬似体液環境下でのアパタイト形成能に及ぼす影響(佐々木)
がん放射線治療用リン酸イットリウムの微小球化(田中)
Tiの表面処理条件とアパタイト形成能との関連性(永松)
表面処理による人工コラーゲンへのアパタイト形成能付与(古井)

2012年度修了
ガン温熱治療用マグネタイト微小球の薬剤放出挙動(井上)
耐摩耗性材料への生体活性の付与(川上)
リン酸基含有有機−無機ハイブリッド材料への生体活性の付与(木下)
酸化鉄の水溶液合成における有機物の添加が微細構造に与える影響(桑原)
 
2011年度修了
ポリイオンコンプレックスを利用した自己硬化性骨修復材料の作製(安部)
有機‐無機ハイブリッド生体材料の作製(蔵本)
チタン金属表面への高分子の固定化(富山)
 
2010年度修了
ガン温熱治療に適した強磁性セラミックス微小球の作製(阿南)
表面処理が絹のアパタイト形成能に及ぼす影響(石井)
がん放射線治療用リン酸イットリウム中空微小球の作製(須田)
化学修飾によるPMMA系骨セメントへの生体活性付与(中島)
ポリグルタミン酸ゲルのアパタイト形成能に及ぼす分子量の影響(向井)

2009年度修了
各種基板表面における過飽和溶液中での酸化チタン析出挙動(香田)
関節修復材料の高機能化(永島)
カラギーナンを基材とした生体修復用有機-無機ハイブリッドの作製(中田)
コラーゲン多孔体へのポリグルタミン酸複合化によるアパタイト形成能の付与(平川)
高分子電解質を用いた自己硬化性材料の作製(町田)
カルボキシレートセメントへの生体活性付与(山崎)
 
2008年度修了
高分子表面にリン酸八カルシウムをコーティングした複合材料の作製(池田)
ポリグルタミン酸を基材とした生体吸収性多孔体の作製(竹内)
水溶液処理によるチタン金属の耐摩耗性向上(飛松)
陰イオン交換樹脂をテンプレートとしたマイクロカプセルの合成(長沼)
表面処理による生体用Co-Cr-Mo 合金の高機能化(中村)
がん温熱治療に適したマグネタイト含有微小球の作製(村田)
ムライトセラミックス中空微小球の作製(八尋)
体液模倣環境下におけるチタン金属表面でのリン酸八カルシウム形成挙動(弓山)
 
2007年度修了
電着法による生体用金属材料への酸化チタンの複合化とアパタイト形成能の評価(大津山)
がん治療に適した酸化イットリウム中空微小球の作製(甲斐)
α-リン酸三カルシウムセラミックスへのポリアミノ酸の複合化による生体吸収性制御(下曽山)
断熱材料への応用を目指したシリカ微小球の作製(堤)
ヒアルロン酸ゲル表面におけるアパタイト形成(松本)
高分子マイクロカプセルへのアパタイトのコーティング(渡辺)
 
2006年度修了
チタン金属表面へのアルミナ析出による耐摩耗性の向上(稲田)
表面処理によるCo-Cr-Mo合金の耐摩耗性の向上(川端)
生体模倣環境下におけるポリアミド表面でのアパタイト形成(松本)
がん温熱治療に適したマグネタイト中空微小球の作製(宮岡)
 
2005年度修了
バイオミメティック法によるアパタイトとペクチンからの有機‐無機ハイブリッドの作製(一坊寺)
表面ナノ構造の制御によるCo-Cr-Mo合金への生体活性の付与(梅田)
がん温熱治療のための酸化鉄マイクロカプセルの作製(清水)
水酸アパタイト成形体の創製(中尾)
生体環境下における酸化チタン表面でのアパタイト形成メカニズムの解明(長廣)
 
2004年度修了
骨修復用生体活性有機-無機ハイブリッドの合成と評価(今村)
加熱処理によるチタン金属及びチタン合金の 耐摩耗性の向上(大隈)
多孔質リン酸カルシウムセラミックスの作製と評価(鴨川)
非焼成による無機材料の創成(深町)
植物由来の天然高分子を用いた生体活性有機−無機ハイブリッド材料の創成(安永)
化学処理により誘起される生分解性高分子のアパタイト形成能(山中)

 

 

TOPに戻る