トピックス

2011以前のトピックスはこちら

2017年11月10日

濱井 瞭君がIUMRS-ICAM2017で受賞しました

 
2017年8月27日〜9月1日に京都大学で開催された材料系の国際会議であるIUMRS-ICAM2017において,D3の濱井 瞭君が研究奨励賞を受賞しました。

賞状


2017年11月10日

・宮崎教授が甲南高校で出前講義を行いました

 
鹿児島県立甲南高校において,「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した出前講義を行い,高校生34名が熱心に聴講しました。質問も多数あり関心の高さがうかがえました。


2017年10月13日

・宮崎教授がエレクトロセラミックス討論会において招待講演を行いました

 
第37回エレクトロセラミックス討論会において,部会連携講演として「有機-無機複合界面を応用した医用セラミックスの創成」と題し た招待講演を行いました。この企画は,日本セラミックス協会の部会間の連携強化を目的としたものであり,生体関連材料部会の代表として講演しました。


2016年10月24日

・宮崎教授が早稲田佐賀高校で出前講義を行いました

 
早稲田佐賀高校において,「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した出前講義を行い,高校生13名が熱心に聴講しました。


2016年9月9日

・濱井 瞭君が日本セラミックス協会秋季シンポジウムで受賞しました

  広島大学で開催された日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウムの特定セッション「生体との調和を生み出すセラミックスの開発と評価」において,D2の濱井 瞭君が学生優秀発表賞を受賞しました。



賞状


授賞式後

2016年8月8日

・宮崎教授が山口県セミナーハウスで出前講義を行いました

  山口県セミナーハウスで行われた理数科合同セミナー(徳山,岩国,山口高校)において,「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した出前講義を行い,高校1年生120名が熱心に聴講しました。
 紹介記事はこちら(山口高校のHP)


2016年7月29日

・宮崎准教授が鹿児島中央高校で出前講義を行いました

  鹿児島中央高校において,「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した出前講義を行い,高校2年生17名が聴講しました。鋭い質問もありました。講義の様子はこちら


2016年6月11日

・宮崎准教授が熊本北高校で出前講義を行いました

 熊本北高校において,「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した出前講義を行い,高校2年生50名が聴講しました。皆熱心に聞き入っていました。


2016年6月11日

・宮崎准教授が鹿屋高校で出前講義を行いました

  鹿児島県の鹿屋高校において,「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した出前講義を行い,高校2,3年生23名が聴講しました。本質を突いた質問もあり,皆熱心に聞き入っていました。


2016年1月7日

・Susana Nevesさんがセラミックス基礎科学討論会で受賞しました

  佐賀市で開催された第54回セラミックス基礎科学討論会において,D1のSusana Nevesさんが優秀発表賞を受賞しました。


2015年11月15日

・宮崎准教授が4大学スクラム講座で講演を行いました

  北九州市内の4大学(九州工業大学、九州歯科大学、産業医科大学、北九州市立大学)が合同で行っている市民向け講座「4大学スクラム講座」において,「私たちの体を治すための新しい材料」と題して講演を行いました。市民約40名が熱心に聴講しました。


2015年8月21日

・宮崎准教授が種子島高校で出前講義を行いました

  鹿児島県の種子島高校において,「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した出前講義を行い,高校1,2年生15名が聴講しました。質問も多くあり関心の高さがうかがえました。


2015年7月8日

・宮崎准教授が招待講演を行いました

  宮崎准教授が黒崎播磨 第57回記念講演会において,「セラミックスの新規合成プロセスと環境・医療への展開」と題して招待講演を行いました。


2015年6月11日

Susana Nevesさんがシンポジウムで受賞しました

  北九州国際会議場にて開催された第1回化学に基づくバイオ技術に関するアジアシンポジウムにおいて,D1のSusana Nevesさんが優秀ポスター賞を受賞しました。


2015年4月1日

・宮崎研究室が「九工大通信」表紙に掲載されました

  宮崎研究室の様子が「九工大通信」第46号の表紙を飾りました。「九工大通信」は,保護者,卒業生,就職先企業等を対象に発行している本学の広報誌です。内容はこちらからご覧頂けます。


2014年11月7日

・宮崎准教授が台湾で招待講演を行いました

  台湾で開催された7th World Congress of Preventive and Regenerative Medicine (WCPRM 2014)において,宮崎准教授が"Design of Organic-inorganic Hybrids Supporting Bone Tissue Regeneration"と題して招待講演を行いました。


2014年10月29日

・劉 超さんがABC2014で受賞しました

  上海で開催された14th Asian BioCeramics Symposium (ABC2014)において,D2の劉超さんが優秀学生講演賞を受賞しました。


2014年8月3日

・宮崎准教授が山口県セミナーパークで出前講義を行いました

  山口県セミナーパークで行われた,岩国、徳山、山口高校合同合宿セミナーにおいて,「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した出前講義を行い,高校1年生120名が熱心に聴講しました。
 (関連リンク1) (関連リンク2)


2014年7月9日

・宮崎准教授が城南高校で出前講義を行いました

  福岡市の城南高校において,「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した出前講義を行い,高校2年生18名が聴講しました。鋭い質問もいくつかあり熱心さがうかがえました。


2014年4月12日

・日本歯科理工学会の論文賞を受賞しました。

 宮崎准教授が筆頭・責任著者である,下記の論文が日本歯科理工学会論文賞を受賞しました。この論文の内容は修了生の蔵本君,平川君の修士論文研究に基づいています。

T. Miyazaki, A. Kuramoto, A. Hirakawa, Y. Shirosaki, C. Ohtsuki, "Biomineralization on Chemically Synthesized Collagen Containing Immobilized Poly-γ-glutamic Acid", Dent. Mater. J., 32, 544-549 (2013).


2014年3月25日

・佐々木駿君が優秀修士論文賞に選ばれました。

 
佐々木駿君の修士論文研究「チタンの結晶組織と加工方法が擬似体液環境下でのアパタイト形成能に及ぼす影響」が2013年度生体機能専攻 修士論文発表会において、優秀修士論文賞に選ばれました。

受賞式の様子


2013年12月16日

・宮崎准教授が川内高校で出前講義を行いました

  鹿児島県薩摩川内市の川内高校において,「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した出前講義を行い,高校2年生(理系コース)25名が聴講しました。


2013年11月1日

生体用有機-無機複合材料に関する総説が日本薬学会英文誌に掲載されました

 有機-無機複合材料の生体応用に向けての研究開発動向や最近のトピックをまとめた総説が日本薬学会英文誌(Biological and Pharmaceutical Bulletin)に掲載されました(オープンアクセス)。
T. Miyazaki, K. Ishikawa, Y. Shirosaki and C. Ohtsuki, "Organic–Inorganic Composites Designed for Biomedical Applications", Biol. Pharm. Bull., 36, 1670-1675 (2013).
書誌詳細はこちら


2013年9月30日

International Symposium on Applied Engineering and Sciencesにて発表を行いました

 本学マレーシア教育研究拠点(MSSC)開設を記念して開催された国際シンポジウム「International Symposium on Applied Engineering and Sciences」において,宮崎准教授とM1学生3名(佐取君,姫野さん,松波さん)が発表を行いました 。


   

 

2013年8月26日

・ 明治学園の生徒さんが来研されました

  スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の一環として,明治学園高校1年の生徒13名に本研究室へお越し頂き,講義と実習を行いました。生体材料の講義,有機-無機 複合材料の作製,貝殻やウニ殻などの電子顕微鏡観察を通じて,材料科学やバイオミネラリゼーションに対する理解を深めました。



実習の様子
生徒が撮影したウニ殻のSEM写真

2013年7月10日

・宮崎准教授が中津南高校で出前講義を行いました

  大分県中津市の中津南高校において,「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した出前講義を行い,高校1〜2年生約50名が聴講しました。生徒達は熱心に聞き入っている様子でした。


2013年6月15日

・宮崎准教授が鹿屋高校で出前講義を行いました

  鹿児島県鹿屋市の鹿屋高校において,「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した出前講義を行い,高校2〜3年生が聴講しました。生徒からは積極的に質問があり,関心の高さがうかがえました。

 

2013年3月25日

・川上弘貴君が優秀修士論文賞に選ばれました。

 
川上弘貴君の修士論文研究「耐摩耗性材料への生体活性の付与」が2012年度生体機能専攻 修士論文発表会において、優秀修士論文賞に選ばれました。


受賞式の様子


2012年11月28日

・宮崎准教授が北九州市民カレッジでセラミックスの講義を行いました

 平成24年度北九州市民カレッジで開 催中の講座「人類文明を切り拓く材料開発の過去・現在・未来」において,「21世紀のインテリジェントな石器 -セラミックスの不思議-」と題した講義を 行いました。セラミックス産業の成り立ちやセラミックスの性質,セラミックスが暮らしの中でどのように役立っているかについて,市民の方に平易に解説を行 いました。

 

2012年11月16日

・Nutapong Promawangさんの送別会を行いました

 JASSO SSプログラム学生として9月より研究を行っていたタイ・マヒドル大学のNutapong Promawangさんの送別会を行いました。メソポーラスシリカと生体高分子からなるハイブリッド材料の構造制御や生体適合性評価などに取り組みました。

 

2012年9月15日

・ 明治学園の高校生向けに材料科学の実習を行いました

  スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の一環として,明治学園高校2年の生徒12名に本研究室へお越し頂き,材料科学の実習を行いました。有機-無機 複合材料の作製や力学的特性評価,天然の複合材料である貝殻の電子顕微鏡観察を体験して頂き,材料科学に対する理解を深めて頂きました。併せて,国際協力 機構(JICA)プロジェクトで来日中の,オセアニア地域の理数系教員20数名が実習の様子を視察しました。

実習の様子
集合写真

 

 

2012年9月4日

・歓送迎会を行いました

  フランス・ロレーヌ工科大学(Ecole des Mines de Nancy)のEmiliane Doridotさんの送別会と,今月より若手研究者フロンティア研究アカデミー准教授として若松キャンパスに着任された城崎先生の歓迎会として,学研都市 内でバーベキューを行いました。

 

2012年7月17日

・宮崎准教授が明治学園高校で講義を行いました

  北九州市戸畑区の明治学園高校において,スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の一環として「医療に役立つ材料〜バイオマテリアル〜」と題した化学特 別講義を行い,1〜2年生約400名が聴講しました。化学が先端医療に大いに役立っていることを知ってもらう良い契機となりました。

 

2012年3月5日

・宮崎准教授が執筆に加わった「九工大世界トップ技術 Vol.3」が発刊

 「エコノミー&エコロジー」をキーワードとした九州工業大学発の新技術を紹介する「 九工大世界トップ技術 Vol.3 」が発刊されました。宮崎准教授は「焼かずに作るエコフィッティングセラミックス」と題して,加熱処理しないエコプロセスで機能性セラミックスを作り出す技術について紹介しています。

 

2012年2月3日
・蔵本晃匡君が第52回北九州医工学術者会議で最優秀論文賞を受賞


 2012 年2月3日に九州歯科大学で開催された第52回北九州医工学術者会議において,蔵本晃匡君(M2)が最優秀論文賞を受賞しました。受賞題目は"人工コラー ゲンを基材とした有機‐無機ハイブリッド生体材料の作製"で,安全性に優れた新規生体材料として注目される化学合成コラーゲン(人工コラーゲン)へのバイ オミネラル複合化により骨組織親和性向上を図るとともに,バイオミネラル析出挙動を表面化学反応の点から解明したものです。


賞状を手にする蔵本君