研究プロジェクト

馬研究室は、以下の研究助成金の基で研究を推進しております。

日本学術振興会 科学研究費助成事業 基礎研究B

期間:2019.4-2021.3
研究課題名:新規な負極材料の合成、層間制御及びナトリウムイオン電池の充放電性能の改善
研究代表者又は分担者の別:研究代表者

日本学術振興会 科学研究費助成事業

期間:2015~2017年
研究課題名:ヘ゜ロフ゛スカイト太陽電池耐久性要因の解明及ひ゛鉛フリー材料開発と応用に関する研究
研究代表者又は分担者の別:研究代表者

公益財団法人北九州産業学術推進機構 新成長戦略推進研究開発事業

期間:平成26年度(単年度で終了)
研究課題名:燃料電池用高性能低コスト非白金酸化物触媒の開発
研究代表者又は分担者の別:研究代表者

中国国家自然科学基金(NSFC)

期間:平成22年度~平成24年度
研究課題名:近赤外色素デザインと合成及び半導体複合材料の合成に関する研究
研究代表者又は分担者の別:研究代表者
研究成果:近赤外吸収を持つ新規色素をデザインし、合成を試みた。またバンドギャップは低い酸化スズと酸化亜鉛の複合材料の合成に成功した。また近赤外吸収を持つ光電変換デバイスを構築した。

中国科技庁(MOST)863計画 新材料領域

期間:平成21年度~平成23年度
研究課題名:テンダム色素増感太陽電池材料に関する研究
研究代表者又は分担者の別:研究代表者
研究成果:2種類の色素を用いて、テンダム色素増感太陽電池の性能について研究した。

中国国家自然科学基金(NSFC)

期間:平成20年度~平成23年度
研究課題名:太陽電池の高効率化についての研究
研究代表者又は分担者の別:研究代表者
研究成果:中心金属フリーの色素を合成し、色素増感太陽電池の高効率を行った。

(独)科学技術振興機構 育成試験

期間:平成16年度~平成17年度
研究課題名:改良型酸化チタンを用いた太陽電池に関する開発
研究代表者又は分担者の別:研究代表者
研究成果:窒素ドープ酸化チタンを合成し、色素増感太陽電池へ応用した。

(財)九州産業技術センター 日米海外共同研究

期間:平成16年度~平成17年度
研究課題名:窒素ドープ酸化チタン太陽電池メカニズムの解明
研究代表者又は分担者の別:研究代表者
研究成果:窒素ドープ酸化チタン太陽電池の高効率化に関するメカニズムを解明した。